売掛金回収の流れとは

未分類

売掛金回収について、どのような対策をされていますでしょうか。会社を経営する上で、売掛金の遅れや未回収はついて回る問題ではありますが、迅速で的確な対応が求められます。今は健全な経営ができている会社も、いつ何時相手先からの債務が滞るかわかりませんので、いざ直面した時に焦ることがないように、売掛金回収についての知識を持っておくようにしましょう。

まず、売掛金とは、製品を売ったり、サービスを提供した際に、その場で支払わず、取り決めた一定期間後に請求をして支払いをしてもらう「掛取引」において、支払ってもらう代金のことを言います。その支払ってもらう権利を債権と言い、売掛金を受け取るとその債権はなくなります。つまり、売掛金の未回収とは、ツケが発生している状態であり、まだ取引が完了していない状態であると言えます。

売掛金回収の為に、まず相手に対する請求から行います。「期日を忘れていた」「間違えて支払っていた」という単純な理由での遅れであれば比較的解決は簡単で、電話や面談の催促で回収できることが多いのですが、その後、期日を過ぎても誠意ある対応がなされない、支払う意志も見られない場合等は、「内容証明郵便」を送付して督促することによる回収を図ります。弁護士に相談したとしても、まず提案されるのはこの内容証明郵便になりますので、売掛金回収の基本対応と言って良いでしょう。この聞きなれない内容証明郵便について、説明します。