内容証明郵便について

未分類

内容証明郵便とは、名前の通り、郵便物の内容について日本郵便が証明する制度であり、「いつ、どんな内容のものが、誰から誰宛で送られたものか」ということの証明書として使用されます。実際には、この内容証明郵便には法的な拘束力も、強制力もありませんが、どのような内容で相手に送ったのか、相手方は受け取ったのか否か等も全て証明することができます
つまり、相手先に対して本気で回収する気があるという意思表示にもなりますし、ある程度の心理的なプレッシャーを与える効果があります。また、売掛金には消滅時効といって、有効期限が設けられているのですが、その消滅時効を一時的に中断させることができますので、これを用いて督促する意味は大いにあります。そして、これが弁護士の名義であればより大きなプレッシャーを与えることができますので、大変有効な手段であり、内容証明郵便だけで回収できる事例も数多くあります。

内容証明郵便は、文字の制限があり、縦書き、横書きの文字数が決まっています。通常の書類や手紙とは異なる形式となります。つなぎ目に割印がされていて、認証スタンプが押されていますので趣があり、重圧感を感じることができます。内容証明郵便とは、そのような意味でも有効な働きをしてくれます。