売掛金管理のポイント

未分類

売掛金回収も大切ですが、売掛金回収漏れを防ぐ管理体制について見直してみましょう。商売とは、きちんと債権を回収するまでが仕事ですので、売掛金を管理することは、未回収を防止する大切なポイントとなります。売掛金を管理するとは、「いつまでに、いくらの支払いがある」つまり、各取引先の支払い期日と金額について、財務管理している人がぱっと見てすぐにわかるようにしておく状態にすることを意味します。売買契約は、契約を結んだから終わりではありません。代金の支払いが完了、売掛金回収が終了した段階でやっと完結したと言えます。そのことを踏まえて、取引先の支払い状況を常に監視できるようにしておく必要があります。

新規の取引先の場合は、まず信用調査を行ってください。その情報に基づいて、取引限度枠の設定をして、相手との取り決めを行いましょう。可能であれば、書面にして残すようにしましょう。信用調査は一度きりではなく、定期的に行い、取引相手の支払いが健全に行われているかどうか、常に把握できるようにしておきましょう。相手から売掛金回収が出来なければ、自社の経営が立ち行かなくなる可能性もあります。お互いの未来の為に、きちんとした売掛金管理を行ってください。

内容証明郵便について

未分類

内容証明郵便とは、名前の通り、郵便物の内容について日本郵便が証明する制度であり、「いつ、どんな内容のものが、誰から誰宛で送られたものか」ということの証明書として使用されます。実際には、この内容証明郵便には法的な拘束力も、強制力もありませんが、どのような内容で相手に送ったのか、相手方は受け取ったのか否か等も全て証明することができます。つまり、相手先に対して本気で回収する気があるという意思表示にもなりますし、ある程度の心理的なプレッシャーを与える効果があります。また、売掛金には消滅時効といって、有効期限が設けられているのですが、その消滅時効を一時的に中断させることができますので、これを用いて督促する意味は大いにあります。そして、これが弁護士の名義であればより大きなプレッシャーを与えることができますので、大変有効な手段であり、内容証明郵便だけで回収できる事例も数多くあります。

内容証明郵便は、文字の制限があり、縦書き、横書きの文字数が決まっています。通常の書類や手紙とは異なる形式となります。つなぎ目に割印がされていて、認証スタンプが押されていますので趣があり、重圧感を感じることができます。内容証明郵便とは、そのような意味でも有効な働きをしてくれます。

<関連TOPIC>売掛金の回収 | 売掛金の回収・債権回収のお悩みなら弁護士法人アディーレ法律事務所
内容証明郵便による売掛金回収方法について説明しています。

売掛金回収の流れとは

未分類

売掛金回収について、どのような対策をされていますでしょうか。会社を経営する上で、売掛金の遅れや未回収はついて回る問題ではありますが、迅速で的確な対応が求められます。今は健全な経営ができている会社も、いつ何時相手先からの債務が滞るかわかりませんので、いざ直面した時に焦ることがないように、売掛金回収についての知識を持っておくようにしましょう。

まず、売掛金とは、製品を売ったり、サービスを提供した際に、その場で支払わず、取り決めた一定期間後に請求をして支払いをしてもらう「掛取引」において、支払ってもらう代金のことを言います。その支払ってもらう権利を債権と言い、売掛金を受け取るとその債権はなくなります。つまり、売掛金の未回収とは、ツケが発生している状態であり、まだ取引が完了していない状態であると言えます。

売掛金回収の為に、まず相手に対する請求から行います。「期日を忘れていた」「間違えて支払っていた」という単純な理由での遅れであれば比較的解決は簡単で、電話や面談の催促で回収できることが多いのですが、その後、期日を過ぎても誠意ある対応がなされない、支払う意志も見られない場合等は、「内容証明郵便」を送付して督促することによる回収を図ります。弁護士に相談したとしても、まず提案されるのはこの内容証明郵便になりますので、売掛金回収の基本対応と言って良いでしょう。この聞きなれない内容証明郵便について、説明します。